2015年12月21日

【神戸】10万円以下の安いインプラントを前歯に入れる

今回は神戸で数の増えている安い値段の前歯インプラント治療についてお話しします。

神戸には毎年たくさんの歯科が開業しています。それと同時にたくさんの歯科が廃業に追い込まれているのも事実。歯科業界というのは今ものすごく競争率の高い業界で、全国の歯科の数はなんと全てのコンビニエンスストアの数よりも多いと言われています。

そんな歯科業界では今インプラント治療に注目が集まっています。それぞれの医院が様々な謳い文句で患者を呼びこもうと必死に策を練っていますが、インプラントもその一つだと言えるでしょう。

今前歯を1本インプラントにしようと思ったら10万円以下で入れることができてしまいます。それは患者争奪競争に負けまいと必死で値段を安くしている歯科が極限まで利益率を上げた結果。つまり不必要なものは極限まで削っている状態なのです。

ですが中には料金を安くするために人件費の安い歯科医を起用していたり、開業医の場合でも料金を安くするために治療の数を増やすあまりオーバーワークになっている歯科もあるでしょう。ということは前歯をインプラントにするのに価格が安いということだけで医院を決めてしまうのはよくありません。

身体に麻酔をかけて歯茎を切開するのは身体的にリスクのある大掛かりな手術です。安い値段の医院よりも信頼できる医師を見つけて治療をしてもらうべきでしょう。とくに前歯であればオールセラミックなど他の治療でも天然の歯のように美しい見た目にすることができます。

歯根部が残っていない前歯が抜けてしまっている状態だとこの方法では治せませんが、この方法だとまずかなり安い費用(1本5万円以下)で、治療自体はインプラントと違って虫歯治療の延長のような簡単なものですので2〜3回という短い治療回数で治すことができ、結果身体的なリスクもほとんどありません。

なので差し歯や折れてしまった歯など、審美的なことを気にしているのであれば一度そちらの方法についても調べてみるのがいいでしょう。詳しくは以下のブログに書かれていましたので参考にどうぞ。

【前歯ならインプラントよりオールセラミック!】もっと安い費用で自然な見た目!



posted by ソナン at 18:06| Comment(0) | 神戸で安いインプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛くないセラミック矯正治療

ワイヤー矯正の悩みの一つに「痛み」があります。歯を抜くことはもちろん、1ヶ月ごとにワイヤーを更新する為に、ギリギリと締め付けるような痛みや装置が口腔に当たって食事が楽しめないなど、矯正が終了するまでの1〜2年間悩まされることも少なくありません。
セラミック矯正法は、1〜3ヶ月程の短期間で治療が終了することも特徴ですが、それ以上に歯を抜かなくて済み、装置を使わない為に治療中でも全く痛くないというメリットがあります。セラミックを被せる為の土台を作る為に、歯を削る際にも完全に麻酔が効いた状態で行われます。そして仮となる歯を入れて何度か使って頂いてから、最終的なイメージを決めて希望の歯の形になるまで調整を繰り返します。
例えば歯並びを治したい場所が前歯のみならば、3〜4回の通院で1ヶ月以内に美しい歯並びと、歯並びだけでなくセラミックによる透明感と輝きのある美しい形の歯を手に入れることができます。健康な歯を削ることに抵抗のある方も多くおられると思いますが、セラミック矯正はモデル・タレント・芸能人だけでなく、結婚式や成人式、進学や就職活動を前にして、できるだけ早く痛みの少ない方法で美しい口元を手に入れたいと考える方に広く利用されています。
また、ワイヤー矯正は歯を削らなくても済みますが、ブラケットとワイヤーを装着しなければならない為、見た目が大きく損なわれ、装着中は発音も悪くなります。装置に食べかすが引っかかってしまったり、締め付ける痛みの為に固いものが食べられなくなるなど、矯正中の日常生活においてはデメリットが大きいようです。
セラミック矯正は高額であると思われがちですが、使用する素材選びや、治療する本数が選べるため、前歯だけなど小さな範囲の矯正はそれほど高額にはなりません。
しかし、自分の歯を削ることは安易に決断できるものではありませんので、セラミック矯正をしたいと考えたなら、歯科医にしっかりとなりたい歯並びや歯の形、色の希望を伝え相談しながら決めていくことが大切です。
posted by ソナン at 07:03| Comment(0) | 神戸で安いインプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

セラミック矯正と痛みの発生

歯並びを改善するには矯正治療を行う必要がありますが、矯正には長い期間がかかることや矯正器具を装着している間は歯が磨きにくく虫歯になりやすい状況となります。矯正治療には状況に応じて異なるものの痛みが発生してしまいます。矯正器具を装着する時や、ワイヤーによって歯を動かすときに痛みを伴う場合があります。目立たない矯正としてマウスピースを使用する方法もありますが、マウスピースの装着時に歯が圧迫されることにより痛む場合もあります。従来からの歯を動かす矯正治療では少なからず違和感や痛みを伴いますが、セラミック矯正ではほとんど違和感を感じずに矯正することが可能です。もちろん症状によっては痛む場合もありますが、基本的には歯を動かす治療ではないため、従来からの矯正治療とは比較にならないほど負担が少ないのです。セラミック矯正は歯を削ってセラミッククラウンを装着する治療となるため、全く歯を動かす必要がないのです。セラミッククラウンを被せるためには、歯を削って土台を作りその上にセラミッククラウンを被せます。歯を動かす必要がない治療方法ですが、逆に歯を動かさなければできないケースではセラミック矯正は行えない治療となります。しかし極端に歯並びが悪い場合でも多く歯を削り取ればセラミッククラウンを装着することが可能です。歯を大きく削り取るため神経を抜かなければ治療ができないケースも出てきますので、神経の治療を行う際に痛みを伴う事になるのです。セラミック矯正は歯を動かさない治療ですから痛くないのが普通ですが、歯を削る範囲によっては神経に関わるため全く痛くないわけではないのです。セラミック矯正は被せる治療となるため短期間でできるメリットがあります。クリニックによって異なりますが、1ヶ月もあれば治療を終えることができるため負担を軽くできるメリットもあるのです。また従来からの矯正治療のように長い期間をかけて痛みと戦う必要も無いのです。
posted by ソナン at 18:02| Comment(0) | 神戸で安いインプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする